読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AXSオタの覚書

もういのしし個人的なまとめです。ソロ情報もおっかけます。ほぼ毎日更新に切り替えたいと思いつつ様子見中。レポもこちらに移動します。

ヒロソロファイナルZeppダイバーシティ2

10月1日追加公演 セトリ LABYRINTH Why not? FEEL THIS LOVE サイコウガール Virgin Lovers I&I New Days Get Sun 〜座るコーナー〜 やさしい罠 風 Be yourself 〜転換〜 Vampire 転がる街 Super Goddess LIFE ☆新 Celebratory Sky しばちゃん ☆新 Critikal Calling 吟さん ride on love. SILENT MOON ? (question) 目を覚ませ 〜アンコール〜 ★新 Rolling Life ★新 Let’s get away ★新 Mistake(ヒロ作曲/編曲もりおさん/フリあり) Mountain 踊ろ〜I&I Part ⅱ HALLELUJAH! I&Iアカペラ 大幅に曲数増えました! 仙台では最初から全力って感じだったけど、今回東京では徐々にエンジンあげる感じだった。そうだよね曲数増やしてしかも初披露の新曲ばかりだもの...!! ラビリンス。 「この星にそっとあかりをつけて」の第一声、ヒロの声が広い空間に響いて一気に空気が変わる感じがたまらない...!!この曲は今回のセトリの中ではかなりポップなイメージなんですけど、最初に空間を貫くようなヒロの声を堪能できるところと、ラストの即興的なシャウトからの次の曲への繋ぎが最高にカッコよくてテンション上がります! Why not?のあとフィールディスラブ、サイコウガール、virgin loversの流れを聴くと、独特のリズム感とミドルテンポのダンスナンバーがまさにヒロだなぁ、ヒロソロだなぁって思います。加えて歌詞もちょっとえっちなスパダリ系かと思いきや、「俺がこうして輝いていれるのは貴女のおかげ!!だからずっと照らし続けてね!」的な末っ子甘えがそこはかとなく感じられるのがたまりません...。 サイコウガールなんてリズムの取り方とか動きまでもう可愛すぎて...。best distinationの曲は自分の中のヒロのイメージとぴったりくる感じがする。 みんなこの曲は知ってるよね、一緒に歌って!!とI&I。 この曲は会場によってイメージ違う!!客席にふって思いっきり歌わせる時もあれば、今回みたいに丁寧に噛み締めるときもある。 にゅーでいず、get Sunはギターで登場。初期よりちゃんとヒロが弾いてる音が聴こえる!笑 びっくりしたの、get sunのテンポかなり上がってたね!??元々原曲よりテンポあげてる気がしていたんですが、今回は更にあがっていたと思います。ロックバンド感満載。 で 、ここまで聞いて思った。今回自分の体撫で回したり腰ふったりkknこすりつけたりっていう性的パフォーマンスが他会場より控えめだな!?!?笑 今までの会場だと、この前半戦で確か7曲だったので既に1曲増えているという。大幅な変更にも柔軟に対応できるのがこのバンドの凄さ。正直去年のソロではメンバー知った時にほぼaccessじゃんwwwって思ったのですけど、今回のツアーはそんなこと微塵も感じさせなかったね...ヒロが遠慮なくやりたいことを伝えられて、それをちゃんと音にしてくれるメンバーがいるという素晴らしさ。 座りませんかってことでしばしトーク。これまでの公演をざっと振り返ったり、今日は河村隆一さんもZepp東京でライブらしいって話から隆一さんにもらったゴルフクラブ今も使っている話とか銀英伝の話とかも。そして恒例のバンドメンバー紹介からみんな一言ずつ。響さんの奥さんネタでひたすらいじり倒すのは一種のセクハラだと思う笑。MC内容は後でまとめてうpします。今日は曲数多いからかいつもより短め?なんといっても来年ソロCDリリースできそうな感じなのが嬉しかった! 座って歌うコーナーでは名古屋以来に風が登場!!もりおさんシンセドラム×しばちゃんドラム×ヒロパーカス×ヒロボイスの絡み合いがすごく面白かった!ちょっと民族音楽ぽい雰囲気がある曲でヒロの声もいつもよりストレートというか、本能的な高音。ほんといろんなジャンルの曲が飛び出すライブだなぁ。でも全然ばらついた感じがしないのはバンドがそれをしっかりまとめているからでしょう。 やさしい罠は毎回やる前に「古い曲だけど今ここにいるみんなとこの曲を、気持ちを共有したい(ニュアンス)」って言ってから演奏している。 どの曲もかなり作り込んでいるのだけれど、やはりこの曲の作り込み方はかなり綿密だなって感じる。細部までとても丁寧。たぶんヒロがやりたいことをこの曲とアレンジに詰め込んでいるんだろうなと。 最近のバラエティ出演、そしてこのツアーを通じて感じたのは、ヒロはかなり「求められているヒロ像」をすごく研究していて、それを楽しんでいるなということ。かつては求められているヒロと自分がやりたいこととの違いに苦しんでいたのだろうけど(その苦しみから産まれる美しさも尊いのだけども)、今は求められている自分を追求しながらも、一方ではやりたいことをきちんと実現していくバランスが身についている。だから来年以降もソロを継続してやりたい、やれるって思えるんだろうな。 しかしですよ!access以外では舞台活動が主になっていたここ数年のヒロが、ソロでの歌手活動にシフトしたのは去年の大ちゃんの「ヒロはソロやらないの?」がきっかけなわけですよ!去年の大ちゃんの一言がなければ、去年の2公演だっなかっただろうし、今年のツアーだってなかったんだよ...!!お互いのソロ活動で別々のものを得て、それからaccessがあるわけですようおおおおやっぱりaccessって奇跡じゃ(号泣)ってなるaccess運命厨ですすみません。 Be Yourself。アコギもってやるヒロ。一番最初にやったときは本当に最初の1つめコードしか弾いてなかったけれど、今回や仙台ではちゃんと冒頭のメロディは全部コード弾いてた。おおっ弾歌いになってる!手元みてたけどw 転換ではバンドメンバーのみでの演奏。それぞれのソロもあってかなり聴きごたえある!!かっこいい!!公演回数重ねるごとに、客席が立つタイミング、クラップするタイミングも揃ってきて楽しい笑。 そして衣装替えてヒロ再びのvampire。この曲あたりからヒロの役者ぷりというかサービス精神旺盛ぷりが発揮されまくり。(でも今回腰突き上げは控えめw)今回はお立ち台に腰掛けて足を組んで歌うという新技を編み出していてめちゃくちゃかっこよかったです...。 私のイチオシのすーぱーがっです、今回はかなりカッコイイ寄りで歌って&パフォーマンスしてた!情けなさ要素少なめ!!これはこれで良い!!最後の二回転、名古屋だったか仙台だったかではカッコよく回りたいけど途中でひっかかっちゃう〜!!的な演技していてそれも好きだったな! しばちゃん作の新曲はシリアスなメロディ(byしばちゃん)に甘いラブソング歌詞がのっていているあたりがヒロらしい。90年代後半V系楽曲の匂いがますます濃くなってる気がするw 拍子とりにくいメロが入っているのがフックになってて良い。とても好き。 吟さん作の新曲は歌詞よく聞き取れないんだけどかなり飛べるうおおおお!!ってなれるのでもっともっとライブでききたい。そして楽曲から感じる若さ。ヒロが途中でみんなに歌わせようとするけど歌詞知らないから!笑 はやくCDになったのもききたい! らいどんらぶは毎回泣きそうになる。ヒロが全力で歌ってくる(;_q)この時のオレンジイエロー照明も印象的。 サイレントムーン。サビで回る大きなミラーボール。キメるところでビカビカ虹色にかわるレーザー。ハデハデなのが非常に良い。グラマラスな歌詞と曲に良く合う! クエスチョン。この曲はこのツアーですごく好きになった...!!未来は君のものって歌詞があって、「君」ってところでしっかり1人1人の目を見て指さして歌うひろが大好きだったのだけど、実は「未来は君のもの」って歌詞は本来の歌詞にはなくて、今回のツアーでヒロが変えて歌っているようで...。こんなふうにその時々に合わせて歌詞を変えて歌ってくれている曲他にもありそうだな。 大ちゃんの楽曲好きかも!!からaccessにハマったオタクなので正直ヒロソロはそこまで聴き込んでなかったのです...今ツアー参加しまくった結果、殆どの曲わかるようになったけれど歌詞はあんまりわかんなくて。もっとちゃんと歌詞もみてじっくりヒロソロききたくなった。 メンバーそれぞれのソロパートも良かった〜!!お立ち台に上り超絶技巧を披露する(もりおさんも名古屋公演からお立ち台で鍵盤ハーモニカ)面々からの、しばちゃんによる校長先生のお話で演奏中断めちゃくちゃ楽しかった!笑 こういうおふざけもこのメンバーならではですね〜後のMCによると、しばちゃんのお立ち台登場部分のリハが一番長かったらしいw 本編ラストの目を覚ませ。タオル振り回しぴょんぴょん楽しすぎた!この曲は「愛想笑い」とか「冷たいシャワー」とかとにかくおふざけ変顔ポイントが多くて(accessのEN2016のフリー的な笑) 、名古屋公演では「くしゃくしゃの!!くしゃくしゃのシャツでもいいんです!」連呼していてくしゃくしゃシャツへの謎のこだわりを見せていたりカオスだったのだけど今回は愛想笑いもかなり控えめだたw(自分は顔芸したままで歌は全部客席がうたってる公演もあったぞw) アンコール。 ヒロはビッグTの黄色かな?で登場。予定通り3曲新曲やりますと。 みすていくはフリついてるって話とサビの部分は仙台公演でも少しうたってくれたのですけど、今回は歌の前にフリのご指導がありました。歌詞の可愛さとハートつくるフリで可愛さにざわつく客席。ダンサー入れる入れないの話、大阪でも出ていたけど再び。MCとかフリについては後述予定。 ろーりんぐらいふはラップ的な、旋律なしでオケに合わせて喋る部分とても長い!EN2016のMCでフリースタイルダンジョンにハマってるって話をしていたけどそんな感じ。んでもオケはハードロック系で新鮮。 れっつげらうぇい。明るい突き進むロック。サビのラストにれっつげらうぇいって歌詞入ってた。 みすていく。EDM色一番強い。それに歌謡曲というかちょっと懐かしい感じのポップなメロディついてる。たぶん一番メロディ覚えやすい笑。フリもバッチリ。もっとloveコミュニケーションしたい。 踊ろみたいな曲(byヒロ)では仙台と同じくフロアでソロを弾こうとするも降りようとした瞬間時間切れですごすごとステージへ戻るしーちゃん...笑 ハレルヤ。この曲が収録されているアルバムgrowはヒロの光と闇の振れ幅一番大きいアルバムだと思っていて、その中でも異彩を放つ光キラキラ具合なのがハレルヤ。それを堂々と自信たっぷりにライブのラストに歌うヒロをみると胸にこみ上げるものある...。 ラストのラストのアカペラ。マイクなしでも会場に響き渡るヒロの声。ソロツアーはもう終わりだけどaccessのツアーもすぐ始まる!また会える!実際に会っている時間は短いかしれないけれど、互いのことを考えている時間はすごく長いってファンとヒロとの関係を話てくれた。ファンのみんながいるか今の俺がいるとことある事にヒロはいうけれど、私たちもヒロっていう太陽に会っても会えなくてもテレビでみてもライブでみてもTwitterでみてもaccessでみても、とにかくヒロのことをいつも気にしている。なくてはならない存在になってるなーって改めて。